中古マンション投資で積極的な攻める投資|安定した収益をGET

効率的に資産形成を行おう

貯金箱

享受できる3つのメリット

不動産投資の対象に、中古マンションを選ぶ方が増加しています。特に東京などの都心の中古マンションが人気となっており、今後も人気が続くと予想されています。なぜ中古マンションが人気となっているのでしょうか。中古マンションには、新築マンションにはないメリットが3つあります。1つ目のメリットが、初期投資額を抑えられることです。不必要な経費が上乗せされていないため、その分投資額を抑えることができます。2つ目のメリットが、減価償却負担が少ないことです。新築マンションでは投資開始後から多額の減価償却負担が発生しますが、中古マンションは負担が少ない特徴があります。3つ目のメリットが、高い利回りを期待できることです。初期投資額と比較すると、家賃収入は新築マンションとほとんど変わりません。そのため、より高い利回りを得られることができ、より効率的に資産形成を行えます。

選ぶ際の2つの注意点

中古マンションに投資を行う際には、自分で住むと仮定して選ぶポイントと自分の好みを排除して選ぶポイントとがあります。自分で住むと仮定して選ぶポイントは、耐震性です。度々大地震が発生している日本では、耐震性の高さは非常に重要です。耐震性が高ければ、それだけ資産の毀損リスクを抑えることができます。自分が住むつもりで耐震性を比較することは、投資の安全性を高めてくれることに繋がります。一方、自分の好みを排除して選ぶことも重要です。自分の好みを反映させてしまうと、入居率を高く維持できなくなる恐れがあります。あくまで入居者が何を求めているのかを重視することで、高い入居率を維持することができます。自分の好みよりも入居者ニーズを優先し、中古マンションを選ぶようにしましょう。

Copyright © 2016 中古マンション投資で積極的な攻める投資|安定した収益をGET All Rights Reserved.